al students

学生ALコーチ

学生ALコーチとは

WIALの正規トレーニングにのっとり、大学のなかでアクションラーニングを展開するために養成された、一定基準を満たすALコーチ。その認定は、グローバルレベルで認識可能。あくまでも「学生」=大学生のステイタスがある期間にかぎられるが、その活動は、大学内のプログラムのサポートから、他組織の展開におけるサポートなど多岐にわたることが期待されている。

学生ALコーチ導入するメリット

  • リーダーシップについて学ぶことができる

    現在、学生ALコーチを導入されている大学では、高校時代に主将や部長、生徒会長を務め、さらにリーダーシップ力をつけたいという学生や、今リーダーシップに悩んでいる学生が、積極的にアクションラーニングのノウハウを身に着けようと受講しています。講義の核は、現代的なリーダーシップとは何かを学ぶことにありますので、講義ではグループに分かれディスカッションを行い、実践的なリーダーシップを取ることから始まり、どの様にしてグループとして問題解決のための案を導き出せるかを求めます。問題解決案を探る中で学生は質問をすることの大切さや、支援し、支援される現代的なリーダーについて学んでいきます。

  • リーダーシップだけでなく質問力も学べる。

    現代のリーダーシップを学ぶ中で質問力はとても重要なファクターとなります。質問力は就活だけでなく、社会で働く上で重要な能力であり、普段のカリキュラムでは学ぶことのできない質問力を学ぶことにより、これからの社会において必要とされる優秀なリーダーとなり得る資質を持った学生を育成することができます。今やどの企業も若者にリーダーシップを求め始めており、リーダーシップを学んだ学生に対し「そんなものはいらない」から「若い人のリーダーシップを歓迎する」ようになっています。

  • 学生Alコーチ認定制度による保有資格について

    学生ALコーチは日本アクションラーニング協会が掲げる、厳正な審査基準を通過した学生のみに与えられます。学生の就職活動において、他の学生よりも質問力やリーダーシップを学んだ証明となるので、学生の就職活動で有利な要素になります。

学生Alコーチを導入するための手順

  • #01シニアALコーチを取得

    学生ALコーチの認定をするためには、
    シニア・アクションラーニングコーチ養成講座(SALC)を受講する必要があります。取得までの流れは講座案内をご覧ください。

  • #02プラグラムの作成

    シニア・アクションラーニングコーチ養成講座(SALC)の
    プランナーコースにて、組織導入のためにプログラムを企画します。

  • #03組織導入開始

    プランナーコースにて企画したプログラムを元に、組織に導入します。

ご要請をいただいた方々の声

  • 大学生が自ら、主体的に物事にかかわるようになった。(40代 大学准教授)
  • 役割期待とはまたちがう、ひとりひとりそれぞれが自分としてのリーダーシップを発揮するようになった。(50代 教授)
  • 学生同士の関係性が深まり、つながりが強まったと感じた。(50代 教授)
  • フィードバックに感動した。社会人に出来ないまとめを示してくれた。(40代 教授)
-->

学生ALコーチ要請ご依頼はコチラ