【印刷用レイアウト】

共通メニュー

パブリックセクター マネジメント研究会

パブリックセクターマネジメント研究会

日本アクションラーニング協会では、「パブリックセクターマネジメント研究会」を発足し、高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究を行います。研究会主宰として、都市・自治体の経営や政策プロジェクトに多数携わる関東学院大学教授の大住莊四郎氏を迎え、今後のパブリックセクターのあり方について研究を重ねていきます。パブリックセクターにおける実務家・関係者の皆様で現場改革・組織開発にご興味、関心のある方は是非、ご参加下さい。
本研究会の情報は、ご登録頂いたメールアドレスにご連絡いたします。

主宰者プロフィール(2009.08現在)
大住 莊四郎 Soshiro Ohsumi
関東学院大学 教授
NPO法人日本アクションラーニング協会 副理事長/認定シニアALコーチ
京都大学法学部卒業後、経済企画庁(当時)、神戸大学助教授、新潟大学教授を経て、関東学院大学経済学部教授。大阪大学博士(国際公共政策)、現在公職として内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官、財務省財政制度等審議会専門委員、総務省政策評価会委員、他多数。
<主著>
『ニュー・パブリックマネジメント:理念・ビジョン・戦略』(1999 日本評論社)
『パブリック・マネジメント:戦略行政への理論と実践』(2002 日本評論社)
『NPMによる経営革新:WillとSkillの統合モデル』(2005 学陽書房)

ご入会はこちら

このページの先頭へ

パブリックセクターマネジメント研究会

高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究の情報をメールでお届けします。

入会希望はこちら

メールマガジン

世界のアクションラーニング最新情報、日本AL協会公認のイベント、プラグラム情報をお届けします。

購読はこちら