共通メニュー

講座案内

認定ALコーチの声

ここでは、講座を卒業された方々のAL活動事例を随時ご紹介していきます。

研修講師

パブリックセクター

個人アソシエイトパートナー

只今準備中です。

企業 シニアALコーチ

アクサ生命保険 お客様相談室 室長 伊藤 洋志 (シニアALコーチ)

略歴
日本団体生命保険(現アクサ生命保険)に入社以来、本社管理部門、営業、IT部門、ガバナンス&プランニング部を経て現職。カスタマーサービス部門の組織・人材開発責任者として、自らモチベーションアップやリーダーシップ開発関連のトレーニングを企画、開発、実行する傍ら、同社他部門へ出向き、研修講師やファシリテーターとして活動を続けている。
伊藤 洋志

ALへの印象と成果

シンプルで取り組み易く、特にALセッションはスクリプトも簡単で実行しやすい。しかし、同時に奥が深いという印象です。
そして自分自身と周りのスタッフに驚嘆すべき変化がありました。それは、自分のリーダーシップスタイルの変化、そして周囲のスタッフの行動変容などです。

自社内へのAL導入の経緯

時代の流れや変化(外資による買収、組織のフラット化、プレーイングマネージャーの増殖、成果主義など)から、指示待ちでダウンロード型の仕事のやり方に終始し、変化する顧客に対応出来なくなっていました。その状況を打開するために、「学習する組織構築」の必要性を強く感じていたときに、ALの威力を肌で感じる機会があり、導入を決意しました。

ALの威力

経験からお話しますと、新部署が立ち上がった際のチームビルドに大変効果的でした。またALセッションを体験したメンバーが会議メンバーに含まれていると、明らかにいつもの会議とは変わります。会議の目的を意識する、問題の本質を捉えようとする、ALの規範を意識し、実行しようとする、アクションプランを出そうとする、会議後にその会議を振り返る等々を自然に行い、その結果、良い会議になります。

AL活用例

自社の「次世代リーダー育成&組織変革」の研修でALを活用しました。これはフォーマルなオフサイト研修とインフォーマルなワークプレイスラーニングを混合した研修です。当研修を通して社内ALコーチを養成することにより、次世代リーダー育成という目的を果たし、またALを研修プログラムのOSとして活用、すなわち研修中や職場での問題解決をALで行うことにより、アプリケーションプログラムの効果的な促進を実現しました。

AL導入の際の留意点

私は研修としての導入と職場での草の根的な導入を経験しました。前者では、トップのコミットメントを得ることが重要です。私の場合、ハイリスクでしたが、役員にALセッションへ体験参加してもらいました。後者では職制を通じてやると、「やらされ感」が出て失敗するケースがあります。当初は私からのトップダウンで、途中からは自発募集でメンバーを募り、自主開催するように変えました。現在も部署を越えて自主的にALセッションが開催されています。

このページの先頭へ

研修講師 ALコーチトレーナー

クリエイト・J 代表 堀田 孝治 (ALコーチトレーナー)

略歴
味の素(株)にて開発型営業、マーケティング部のプロダクトマネージャー、本社の人事部の教育、採用担当、広告部マネージャーを務める。18年勤めた同社を退職し、2007年1月に独立。キャリア開発、マーケティング支援、就職支援など人事コンサルタントとして活躍中。
堀田 孝治

ALとの出会い

2004年、前職の人事部時代に、異業種メンバーで構成されたチームによるALプロジェクトに参加したことがきっかけでした。月に一度集まりセッション体験を重ねていくうちに、自身のキャリア転換に大きな影響を与えるようになりました。「異動希望先がない」という問題提示をした際に、「独立したいのに勇気がないこと」という再定義に至り、非常に衝撃を受けたのを覚えています。

シニアALC講座、トレーナーコースで得た学び

様々な学びがありましたが、特に「プロセス」の大切さを実感することが出来ました。問題/課題にとっぷり入り込む完全な「コンテンツ系」だった自分ですが、理屈ではなく「体感」でまさに「行動から学んだ」ことが一番大きかったのではないかと感じています。

ALの活用法

企業研修時にALそのものをワークショップの中で実施しています。個人や組織の「問題」に気付き、それをALで深め、その一連の流れの中で学んだこと(プロセスの大切さ、質問や振り返りの効果)を現場でどう活用するか受講生自身が考える機会を提供しています。
ALを活用することで、ワークショップの「プロセス、場、関係の質」への意識と取り組みはとても高まりました。研修生への問いかけを中心とした双方向の研修運営―インタラクティブインストラクションも採り入れて受講生の学びへと繋げています。

ALの魅力

いろいろな効果や力にも魅力を感じていますが、根底にながれる、「人へのやさしさ」「人の可能性を信じるところ」に魅力を感じています。

今後のAL展開

ラーニングデザインセンターとのコラボ企画で、ALを活用したビジネスパーソンのキャリア開発を行っていこうと考えています。
「キャリア開発」には、「自分探し」的な矢印が自分に向いた、個人作業で静的なイメージがありますが、本質的な問題を明確化して、アクションプランをたてて、アクションしてみて、また考えて、という動的なプロセスを、チームの力を借りながら実践していく予定です。

このページの先頭へ

パブリックセクター

埼玉県立越ヶ谷高等学校 教諭 小林 昭文 (ALコーチ)

略歴
空手のプロ生活を経て県立高校の物理教員として採用。2007年4月より埼玉県立越ヶ谷高校勤務。コミュニケーション技法の1つとしてALを学び、メンタリングやキャリア教育、カウンセリングなど実践研究を重ねながら、生徒のニーズに合わせた指導を行っている。
小林 昭文

ALとの出会い、その魅力

ある勉強会でALセッション体験をしたのが初めての出会いでした。長い間、コミュニケーション教育に適切なスキルを探していましたが、ようやく見つけた!という気がしました。ALの魅力は、「対立しない話し合いができること」「そのなかで感動的なリフレクションを共有できること」「個人の質問力、ファシリテーターとしての力が磨かれること」です。

AL活用例と反響

  • (1)講師として招聘された高校でのプロジェクト・チームなどの問題解決
    →それぞれの学校の問題解決の方向が見え、良い方向に動き始めました。
  • (2)先生たちを中心とした学習会にて、主に各個人の問題解決
    →職場で困っていた問題に対して解決の方向が得られたと報告を受けています。
  • (3)生徒の部活動などチームの問題解決
    →部活動の話し合いがうまくでき、コミュニケーションの活性化につながっています。
  • (4)友達とともに相談に来た生徒への相談会にて
    →行動計画はただちに実行に移され、生徒たちは喜んでいます。

今後は授業などの中で、生徒のコミュニケーション能力・論理的思考力などの向上に活用していきたいと考えています。

協会の利用法

「セッション道場」「学習会」などアクティブステイタス会員向けの研究会にはできるだけ出席して勉強するようにしています。今後は高校での研修会で全職員にALを体験してもらうために、ボランティアでコーチを集めてもらうためのバックアップをお願いすることもありそうです。

教育現場におけるAL展開

8月からようやく「 教員アクションラーニング(AL)コーチ養成プログラム」が始まりました。本プログラムの参加者は今後の展開の大きな柱となるでしょう。また、勤務校の若手同僚ももうすぐ認定ALコーチとなるため、こちらも大きな力になりそうで、期待しているところです。

このページの先頭へ

パブリックセクターマネジメント研究会

高等教育や医療、自治体における組織変革やマネジメントについての討議や研究の情報をメールでお届けします。

入会希望はこちら

メールマガジン

世界のアクションラーニング最新情報、日本AL協会公認のイベント、プラグラム情報をお届けします。

購読はこちら