問題解決とチーム学習の組織開発手法であるアクションラーニングを活用した、経営幹部養成や管理職研修プログラムを提供しています。

03-4400-9867
受付時間:平日9:30-17:30

COURSE NEWS

セミナー情報

LDC Learning Base 2022 新時代における”ZEN 禅的マネジメント” 小森谷 浩志 氏

今回は2022年3月に『ZEN 禅的マネジメント(内外出版社)』を上梓された、小森谷浩志さんをゲストにお招きします!

パーパス経営、ウェルビーイング経営、ティール組織、心理的安全性、マインドフルネス等々、まるで流行を追いかけるように、次から次へと人材育成や組織開発において様々なツールやアセスメントが開発され続けています。

しかし、小森谷さんは、それぞれ非常に有用である一方で、外側にある正解探しに躍起になっていないか、本質を問い直すことこそが重要だと指摘します。例えば、『ティール組織』で提唱された組織の分類は、組織を発達段階に位置付け、分かりやすくしたものの、表面的な理解で、形だけを模倣した施策により、組織の状況を悪化させてしまったケースも見受けられます。

本来、さまざまなツールは、それを通じた深い対話を経て、個人や組織にとってよりよい「あり方」を探究ために、活用するものだと考えます。今回のLearning Baseは本質を見つめ直し、問い直す機会となるでしょう。
特に、これからの組織づくりは、セルフマネジメントが鍵になると小森谷さんは言います。つまり、弱みと思われることも含めて、個人が自らに対峙することを基点にすること。そして、組織は全人格が奏であうような場になっていくことが、本当の意味での「Healthy=健全性」(Wholeness:ホールネスが由来)へと繋がるということです。

約30年前に禅に出会い、「本質とは何か?」を問い続けている小森谷さん。 コンサルティングやワークショップ経験の、圧倒的な豊富さにも裏打ちされた、『ZEN 禅的マネジメント』は必聴です!

Learning Base Vol.20 開催概要

開催日時 2022年8月23日(火)
19:00-20:30(開場18:55)
配信方法 zoom オンライン
参加費用 3,300円(税込)

ゲスト

小森谷 浩志

経営思想家、博士(経営学)

いのちの喜びをひらくひと http://ensou.jp/

株式会社ENSOU代表取締役社長、株式会社ジェイフィールコンサルタント、神奈川大学経営学部国際経営学科講師、一般社団法人インターナショナルZENカルチュラルセンター理事。

1988年ニッカウヰスキー株式会社入社、営業にてトップの業績を残した後、アサヒビール株式会社のコンサルティング会社の設立に参画、コンサルタント育成体制を構築。約30年前に曹洞宗開祖道元の弟子懐奘が綴った『正法眼蔵随聞記』に邂逅。それ以来、瞑想とともに、日常の生活において禅の智慧を活用、研究を続けている。

現在「いのちが喜ぶ経営」をテーマに活動。自覚の方法論として東洋の智慧、特に禅の基本テキスト「十牛図」に着目。内省と対話を鍵にマネジメント・コミュニティを中核とした組織開発、個の本来性の開花にアプローチするワークショップを、キヤノン、DeNA、富士通、富士フイルムなどの企業、NPO、教育機関、社会起業家に提供している。

ここまで約50社のコンサルティング、3000回のワークショップで、延べ約50000人の方々と関わってきた。2010年から始めたファシリテーター養成講座は修了生が400名を越え、学習するコミュニティを継続中。カナダのモントリオールで行われたグローバルカンファレンスREFLECTIONS 2017では、世界20数カ国の参加者に「禅とマネジメント」を発信、話題を呼んだ。

趣味は瞑想と気功。禅と経営学、一見遠い存在の二つの探究を道楽にしている。著作、論文に『協奏する組織』学文社、『週イチ30分の習慣でよみがえる職場』日本経済新聞出版社(共著)、『幸福学×経営学』内外出版社(共著)などがある。